スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

大晦日とは、


1年の最後の日。天保暦(旧暦)など日本の太陰太陽暦では12月30日、または12月29日である。現在のグレゴリオ暦(新暦)では12月31日。翌日は新年(1月1日)である。大つごもりともいう。日本では、年神を迎えることにちなむ行事が行われる。


ちなみに元々晦日というのが、旧暦でその月の最終日を指す言葉で、そもそも『みそ』とは『三十』であり、三十日(みそか)を示す言葉でした。
そして最終月であり、最終日である12月の最後の日を『大晦日』と呼んでいたのですね。





どうもりらです。

私が更新していない間にいろいろあったような気がします。

某国のトップが亡くなったり、キリストの誕生日と言われている日があったりなどなど。

某国のトップが亡くなった際に、我が国の総理が会見を中止しただのなんだのという話を聞きましたが、

それを聞いたとき本当にあほかと思いましたね。

特に我が国と友好国でもない国のトップが死んだことで何故自粛せねばならぬのかと、

じゃあなんですか、国の大半が名前も知らないような国のトップが死んでもあんたは自粛するのかと、

本当にどこの国の総理大臣なのかと疑いたくなりました。

マニフェストは実行しない、そのくせして国民には負担をかけてばかり、

我が身かわいさに意見は右往左往する。

本当にこの国は大丈夫なんでしょうか。






300807.png

サンタウロスって漫才聞いてるときは笑いましたけど
画像にするとなんか気持ち悪いんですね





上のほうでクリスマス、とは言及してませんが、

キリストの誕生日と言いました。

しかし、本当はあれは間違いなんですよね。

実際の誕生日ではないようです。

元々12月25日というのは、古代ローマにてテオドシウス帝が380年にキリスト教と国教と制定する以前に、

国教とされていたミトラス教(ミトラ教)において、ミトラ神の生誕日であり、「冬至の祭り」が行われていた日時です。

「冬至の祭り」というのは、人々の健康とその年の農作物の豊作を祝う祭りで、

日本では神社などで行われる秋祭りのようなものです。

キリスト教が国教と制定された際に、人々に浸透しやすいようにその日時を流用したものだと考えられています。

詳しい話は存じませんが、『ミトラ・キリスト』が異教崇拝を禁止する政策により、

『イエス・キリスト』に呼称を変換され、容姿もミトラ・キリストの少年のような姿からひげの生えた男性に変えられ、

現在のイエス・キリストの姿になったため、12月25日が生誕日とされているのではないか、という考え方があるようです。

実際のところはどうなのか私も知りませんので、

詳しく知りたい方は自身で歴史書を読み漁ってみるなりしてみてはいかがでしょうか。



ちなみに余談ですが、当日私は家でのんびり過ごしていました。





年末サンタクロース(アワテンボウノサンタクロース)-TAKA-Bee



あわてんぼうのサンタクロースのアレンジです。
誰のところにも幸せは来るという感じでとても好きな曲です。
年末にほっこりした気分になってみる、というのもいかがでしょうか。





今回は長々とちょっと読むのが面倒になりそうな文ばかりでしたね。

ここまで一気に飛ばしてきた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今年最後の記事がこのような内容というのもどうなんでしょうね。

来年もこのような感じでぐだぐだと記事をちょこちょこ書いていくつもりではいますので、

どうか気が向いたら見に来てやってはもらえないでしょうか?

こんなところで今年最後の記事も締めとさせていただきます。

来年も皆さんに素敵な日々が訪れますように。

それでは皆さんまた次回の記事でお会いしましょう。


良いお年を!
スポンサーサイト

誕生祝い

誕生日に祝う理由ってなんでしょうかね?

一つ歳をとることをめでたいとするのでしょうか。

でも男性はあまり深く考えないでしょうが、女性だとそこそこの年齢になってからは、

歳を一つ取る度に危機感を覚えるような方もいらっしゃるでしょうし、

逆にめでたくないことなんじゃないかと思ってしまうほどです。

男性でも自ら小父さんと冠するようになる人もいますしね。

しかし、そのような人でも恐らくですが誕生日を祝いますよね。

どうしてでしょうか?






どうもりらです。

もう12月も中旬ですね。

そろそろ今年が終わりそうです。

終わる前に世間一般的には、クリスマスというイベントがあるのでしょうが、

私には関係ありません。

もう一度言います。

私には関係ありません。

寂しくない、と言えば嘘になりますが、

特別寂しいというわけではありませんしね。

それでもまあ、ご一緒に過ごされる伴侶がいる方というのは羨ましいものだったりします。










キャラメイク人形

以前の記事の和紙人形をモチーフにして作ってみたものです。
一応それっぽさを出してみました。
如何でしょうか?

尚、この画像はキャラメイクファクトリー様にて作らせていただいたものです。
機会があれば一度利用してみてはいかがでしょうか。
自分を作ってみるというのも面白いかもしれません。









私の友人や知り合い、身内には12月生まれの方が多いんですよね

私の二人の兄はどちらも12月生まれですし、私自身12月生まれだったりします

そのせいと言うかおかげというか、兄弟とクリスマスをまとめて祝うことになっていました。

何故一人一人祝うのではなく、まとめて祝うのか母に聞いてみたところ、

一度だけ個別にしたことがあった際に、そんな短期間でケーキやらなんやらを食べていると、

有難みを感じることもなければ、むしろもう見たくないという状態にまで陥ったことがあったそうで、

それ以来まとめることにしたらしいです。

そちらのほうが経済的ですし、理に適ってはいますよね。

私は元々小さいころはケーキなどの甘いものが得意なほうではなく、

どちらかと言うと塩辛いもののほうが好きだったため、

クリスマスなどのイベントはあまり好きではありませんでした。

しかし、兄弟が一人ずつ家から離れていくにつれ、

クリスマスや正月、盆などの家族が一堂に会する機会、

というものを大切にするようになりました。

誕生日などもふと日付を見て、兄弟や両親、祖父母の誕生日に気付いたときは

「誕生日おめでとう」

の一言を掛けるだけでも家族の繋がりを実感することができますね。

誕生日がめでたいというのは、改めていろいろ再認識できる日だからなのかもしれないな、

と私は勝手に思っています。




TAKA-Bee 誕生記念日


私が好んで聴かせていただいている、TAKA-Beeさんの『誕生記念日』です。

私はこの方の動画を偶然見る機会がありまして、それ以来声を気に入って聴いています。

皆さんも一度聴いてみては如何でしょうか。

TAKA-BeeさんのHPは右側のリンクのi chord ; TAKA-Beeから飛べるようになっております









otoko.png

上で使用させていただいたサイトにて作ってみた
自画像です
こんなにかっこよくはありませんが、
雰囲気はまあ出せたのではないかと
基本的に黒縁眼鏡、ジーパン、冬場にはセーターを好んで着用しています






以前、読者の一人と言いますか、

私の交友の中の一人に言われたのですが、

私のブログは読みづらいし、コメントしづらいと言われました。

私自身ではなるべく読みやすくなるように心がけているのですが、

何がいけないのが未だに理解できないでいたりします。

もっとこう読みやすくする工夫というものはできるのでしょうが、

私の拙い頭脳では想像することができません。

少し前に、文体診断ロゴーンというサイトにて、私の文章を診断してみたのですが、

 文章の読みやすさ E  一文が長い
 文章の硬さ      E  文章が柔かい
 文章の表現力    A  とても表現力豊か
 文章の個性     A  とても個性的

という結果が出ました。

一応一度だけではなく、何度も試してみたのですが、大体このような結果でした。

文章は一文が長すぎる、表現力というのは行き過ぎると意味のわからないものになってしまう、

個性は出しすぎてしまうと、作者本人にしか伝わらなくなってしまうなど、

読みづらい要因だらけだったようです。

しかし、私としてもどういう風に書き方を変えればいいのやら皆目見当もつきません。

何かいい方法はないのでしょうか?

と読者の皆様に丸投げしたところで今回の記事を終了とさせていただきます

それではまた次回の記事でお会いしましょう

>>続きを読む

叔父上 叔母上

叔父 伯父 小父 叔母 伯母 小母

この6つの呼称の違いは皆さんはわかるでしょうか?

一般的なことですのでそんなものわかっているに決まっている

という方は多くいらっしゃるのじゃないかと思います

一応私から簡単な問題ということで答えは伏せたままにしておきますね

出来ればコメントする際にでも簡単にどういうものか書いてくださればと思います

あくまで出来ればですがね







どうもりらです

クリスマスが近づいていると言われてもいまいちピンとこないのは私だけでしょうか?

クリスマスとともに私の誕生日であったり

私の友人の誕生日であったり

兄弟の誕生日などが近づいていたりするのですが

どうもいまいち実感できません

何かに記念日というのは概してその当日になるまで実感できないものなのでしょうかね

毎年毎年当日になって友人や兄弟からのメールなどでそういえばそうだったなあ

などと気が付くような気がします

もっと自分のことに関心を持つべきなのですかね

なんだかお腹が出てきたような気もしますし……








子犬3匹

おいお前らちょっと待ってろよ
僕が試しにこの毛布から降りてみるからな
いいか、押すなよ?絶対押すなよ?






ある朝起きると携帯にメールが届いていました。

朝早くにメールが届いているというのは私にしては珍しいことだったので、

「誰から来たのだろう」と思い携帯を確認してみると、

それは父からのメールでした。

内容はかなりシンプルなもので、


「お前、もしかしたら叔父さんになるかもしれんぞ」


とだけ書いてありました。

寝起きで若干寝ぼけていたせいもあり、一瞬内容を理解することはできませんでしたが、

すぐに私は兄に子供ができたのかもしれないということに気づきました。

そのことを母に尋ねてみると、


「まだそうと決まったわけじゃないから本人に聞くのはやめておきなさい」


とのことでした。

それから数日後……。

私はメールに関して忘れていたわけではありませんでしたが、

特に気にかけることもなく過ごしていました。

すると昼前にメールが届きました。

それは兄からのメールでした。

私と兄は仲が悪いというわけではありませんが、 

―――むしろたまに一緒に何かして遊んだりすることもあったので良いほうだと私は思っているのだが――― 

メールを送受信することは珍しいことだったので少々驚きました。

そのメールは私と私の姉ともう一人の兄に対して送られていました。


「君たち、おじさん、おばさんになるよ」


それは私たち家族の新しい生命が誕生するという宣言でした。


――――――――

――――――

――――



ここ数日実際に私の身にあったことを物語に仕立ててみました

最初はそのようなつもりは無かったのですが

書いているうちになんとなくそうしてみたくなったのでしてみました

特に文学的な言い回しも使ってないと思いますし

何か技巧的な書き方がなされているわけでもありません

単調に実際にあったことを並べている日記にような感じですね

兄嫁の第一子懐妊という知らせは私にとっては少々意外なものでしたね

兄は今年の夏に結婚したばかりでしたので

第一子は後1.2年はないだろうと思っていたものですから

母と2人でそのことを話しながら驚いていました

何にせよ私にとっては初の甥か姪にあたるわけですから

これを楽しみにするな、というほうが無理がありますよね

もっとも一番喜んでいるのは当人同士だとは思います

年末年始あたりにでもそのことについての祝言を述べたいと思います








子猫一匹

あいつら何やってるんだろう……
なんか楽しそうだな、混ざりたいな……
ああ、でも下は寒そうだな……









一応今回は画像は両方とも赤ちゃんにしてあります

今回のメインテーマは赤ちゃん関連でしたしね

タイトルはどちらかといえば甥 姪 のほうがよかったのでしょうか?

でも私が甥もしくは姪になったよってわけではありませんし

いやもちろん実際にそうではあるのですが、

今回はめでたく甥か姪のどちらが出来るようですとのことでこのタイトルにしました

私は四人兄弟の末っ子ですので、家族の赤ちゃんというものを実際に見たことがありません

むしろ私が赤ん坊の頃は一番上の兄に面倒を見てもらっていたそうです

だからこそ今回赤ちゃんが見れるのだなぁと思うと心にぐっと来るものがあります

懐妊した、というだけで出産はまだまだ先なのですがね……









あまりにぐだぐだとこの話題を続けるのもあれなので今回はここらへんでお開きとさせてもらいます

それではまた次回の記事でお会いしましょう

師走

師走とは、

日本では、旧暦12月を師走(しわす)または極月(ごくげつ、ごくづき)と呼び、現在では師走は、新暦12月の別名としても用いれ、その由来は僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさ(平安後期編『色葉字類抄』)からという平安期からの説がある。また、言語学的な推測として「年果てる」や「し果つ」等から「しわす」に変化したなどという説もある。

12月の別称として他に、

おうとう(黄冬)
おとづき(弟月)
おやこづき(親子月)
かぎりのつき(限月)
くれこづき(暮来月)
けんちゅうげつ(建丑月)
ごくげつ(極月)
はるまちつき(春待月)
ばんとう(晩冬)
ひょうげつ(氷月)
ぼさい(暮歳)
ろうげつ(臘月)

などが挙げられる。




いやいやどうもどうもりらです

久々にこのシリーズタイトルですね

5月から11月はどうしたって感じですね

過去記事管理
※画像クリックで拡大


見てくださいこの過去の記事を

今現在この記事を書いているので師走に関しては確かにまだ下書きですが

どうですかあの皐月と霜月という記事は

本文すら書かれていませんよ

しかもその間の6月から10月に関しては下書きすらありません

このやる気のなさ!

しかしそれでもSkypeのほうはしっかり月ごとに刻んでいたのですがね

この際ですから6月から10月までの別称もまとめて紹介していっちゃいます


6月:水無月(みなづき)
7月:文月(ふみづき、ふづき)
8月:葉月(はづき)
9月:長月(ながつき)
10月:神無月(かんなづき)

といったところでしょうか

特に代表的なものを挙げただけで他にも別称は多くあります

神無月に関しては出雲のほうでは神在月とも呼ばれますね

全国の神様が出雲大社に集まって何やら一年の事を話し合うためやらなんとやらで

出雲には神様はいるんだけれど他の地方にはいないから神無月ってのも何やらロマンがある話ですよね

10月に出雲に行けば梵天様や恵比寿様に会えたりするのでしょうかね

それはそれで行ってみたいとも思います





……こんな記事は10月に書くべきでしたね





nekoinu.jpg

ネコはコタツで丸くなるというが犬だって丸くなりもするさ
何?丸くなれてないって?
この格好が一番暖かいからいいの










何やら12月に入った途端に寒く感じてしまいますね

11月の終わりごろから確かに寒くはありますが

12月に入ってより一層寒さが引き締まったとでもいいましょうか

これもプラシーボ効果のようなものなのでしょうかね

ちなみにプラシーボ効果というのは思い込みに寄る効能やらのことを挿します

なんだただの暗示じゃないかとは思うかもしれませんが

侮る事なかれ、何かの実験ではどうやら実際に効果があったという結果が出ているそうです

あまり信憑性はありませんがね

しかし、昔の諺にも「病は気から」なんて言葉もありますし

やはり気の持ちようというのは重要なのではないでしょうか

寒いと思うから寒いんだ!

みたいな台詞はよくありますよね

特に根拠はないけどなんとなく同意してしまう部分はあると思います

それもある種のプラシーボ効果なのでしょうか

そこらへんについては私も詳しくないのでなんともいえませんが(苦笑)









kotatuneko.jpg

ネコだって丸くなってばかりじゃないさ
そんなことよりも一緒に遊んでくれると嬉しいな!







ラジオの途中で入るCMみたいなものになるかなと思い

今回は話と話の間にちょっとした画像と台詞をつけてみました

これで一応は話の切れ目がわかりやすくなったかと思います

どうすれば今までより読みやすくなるのかと検討中ではありますが

何かあればすぐにコメントしていただけると嬉しいです

ちなみに今回使った画像は私の家で飼っている犬と祖母の飼っているネコですね

犬のほうは既にお父さんだったり、ネコのほうはお母さんだったりします

小さい犬も小さいネコもどっちもかわいいですね

触ろうとすると両方とも母親がうるさいのですがね(苦笑)

あっちでワンワン、こっちでニャーニャー

怒られっぱなしになりたくなければ触らないべきですね

あまり長くなりすぎてもあれですし

今回はこのあたりでお別れとさせていただきます

それではまた次の記事でお会いしましょう

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ありがとう。さようなら。


コメントする際にhttp://が禁止ワードに入っているので注意してください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング
気が向いたらクリックしてやってもらえないですかね

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
LINK
管理人のよく見るブログ等へのリンクをしております。
tumblr_inline_npmo6u9YMT1t90io9_250.png
当ブログはメイプルストーリー情報局を応援しています。




201101251336257c9.jpg

とにー全壊(仮。
mid night
めいぷるの日記帳
蒼い剣士と青い魔術士の
 まったり冒険記

みるく☆でぃっぱー
ひびきんぐすとーりー
一杯の紅茶
Maple Voyage 2007
Once in a Blue MooN
ネコノート
・no links
・no links
・no links
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。