スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日課消化ばかり


最近正直なところメイプルのやる気が全然ない。
一応ないなりにも自分で決めた日課ぐらいは消化しているんだから、私はましなほうだと思われる。

いや、むしろダメなほうなのか?


どうもゆきです。
寒さは大分和らいだ感がありますが、
相変わらず朝晩は寒いですね。

冒頭でも書いた通り、メイプルのやる気が今一切ないといっても過言ではない。
しかしまあ自分で決めたことぐらいはやらねばとやっている感じですね。

そんなこんなでメイプルネタが全然ないのです。
ギブミープリーズ。

まあそんなことを言ったところでネタなんて降ってくるわけがないので、
自分でなんとかするのです。

一応今年は自分の中の目標として、
更新間隔をあまり開けないというものがあったのです。

だからこそ今日更新しているのです!
さてさていつまでもつことやら……。

そんなところで今日の簡単更新は終わりであります。

なんとかせねばー、もっともっと長い記事を書きたいものです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。
お相手はゆきでした。



追記のコーナー!
今回ちょびっと追記にしたのは
以前はプロフィールのところに書いていた、私の趣味のことでございます。

どうもメイプルのやる気がない。ならばメイプルに使っていた労力をほかのことに費やそうと思いまして。
久々ですが簡単に創作活動をしています。

そんなこともありまして、ここでちょろっと宣伝でもしておこうかと。
まあこことあっち、どちらのほうが人が多いのかわかりませんがね……。





今日も今日とて狐狸夢中

昔から人間は狐狸に化かされたと口にする。
しかし、我々にはまったくもって身に覚えがない。
なんでもかんでも我々のせいにされたらたまったものではない。

しかし近年、どうも人間も学んだらしく、
様々な物事に理由をつけてはどういうものだか解明しているようだ。

おかげで我々のせいになることは減ったが、今度は相手にすらしなくなった。

都合の悪いことはこっちに押し付けてくるくせに、興味がなくなればすぐに忘れてしまう。
人間とはなんとも身勝手な存在だろうか。


しかし私はそんな人間がどうしようもなく好きなのである。


今日も今日とて私は人間の世界に紛れ暮らしているのだ。




僕はしがない一匹の狐である。
尻尾も一本であるし、毛も真っ白という訳ではない。
ただのしがない一匹の狐である。

その気になれば、尾の一本や二本なぞ簡単に増やせるし、
白面にだってなれるのではあるが、
わざわざそんなことをして無暗に騒ぎを起こそうとは思わない。

それに増やしたところで所詮は偽物である。
本物の大妖狐の真似をしたところでむなしいだけだ。

おっと噂をすればなんとやら、
かの大妖狐さんのご息女が歩いているではないか。


「やあやあ白面さん。どうやらお元気そうですな」

「なんだよその物言いは。いつも通りに声をかけてきなよ」

「いやなに、ちょっとばかし君のお母さんのことを考えていてね」

「あーあー聞きたくなーい。
 さんざん周りからお前も母親のように立派になれだのと言われ続けているんだから、
 君と一緒の時ぐらいはお母さんの話はよしてほしいな」

「そりゃあ悪いことをしたね。ところで何をしていたんだい?」

「こんなにいい天気だろう?せっかくだし油揚げでも買いに行こうかとね」

「油揚げなら君の家の近所にも売っているじゃないか。それなのにずいぶん遠くまできたね?」

「それが聞いておくれよ。この間とってもおいしい油揚げ売っている店を見つけちゃってね。
 そこの油揚げを食べてからそりゃもう病み付きになってしまったんだよ」

「そうかいそうかい……確かに僕も油揚げは嫌いじゃないが、どうしてそうも君は狐らしいのかね」

「そんな君はどうも最近人間かぶれが酷くなっているね。もう少し狐らしくしたらどうだい」

「まったく……また君はそんなことを言う。
 そうだな……僕と君の子供でもできればちょうどいい狐でもできそうだね」

「ここここ子供だなんて!なんてことを言うんだ!それじゃあまるで……」

「まるで?」

「なんでもない!」



そう彼女は大声を上げると白い顔を真っ赤にし、5本の尻尾を揺らしながら去っていってしまった。
まったく彼女をからかうのは楽しいものだ。

言っておくが僕は鈍感というわけではない。
もちろん彼女の気持ちに気づいているし、僕も彼女のことが好きである。

しかし、二年前の冬……



『気づいていると思うが、僕は君のことが好きだ。君は僕のことをどう思っている?』

『すすすすす好きって!?わわわ私は……』

『私は?』

『今度返事をするから!絶対するから!だから今日は勘弁してぇ~!』



そう言って彼女はその日帰ったっきりまだ返事をしてくれていない。
だからこそこの程度のからかいぐらいは許してもらわなければ納得もいかないものだ。

かといってからかったままにしておくと後が怖いので、また今度何かしらのフォローをしておかなければならない。


しかし彼女は気づいているのだろうか。
あの態度では僕の告白に返事をしたようなものだということに。


山に沈む夕日を見ながら僕は今日もそんなことを考えていた。



続きはSS速報VIPのスレ内にて更新中!
スレッドはこちら

そんな奇特な方はいらっしゃらないだろうが一応。
ローカルルールなどもありますので、スレッドへの書き込みは注意してから行ってくださいね。
名前欄には何もいれずメール欄にはsageと入れるのが基本みたいなところがありますので、
お気を付けくださいませ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ありがとう。さようなら。


コメントする際にhttp://が禁止ワードに入っているので注意してください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング
気が向いたらクリックしてやってもらえないですかね

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
LINK
管理人のよく見るブログ等へのリンクをしております。
tumblr_inline_npmo6u9YMT1t90io9_250.png
当ブログはメイプルストーリー情報局を応援しています。




201101251336257c9.jpg

とにー全壊(仮。
mid night
めいぷるの日記帳
蒼い剣士と青い魔術士の
 まったり冒険記

みるく☆でぃっぱー
ひびきんぐすとーりー
一杯の紅茶
Maple Voyage 2007
Once in a Blue MooN
ネコノート
・no links
・no links
・no links
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。